狂愛に満ちた漫画を読むなら「侵蚀‐闇オークションで堕とされた先は、中華系マフィアの元いじめっ子でした-」

前作「边界~いじめられっ子を助けたら中華系同級生(外道)に 狂愛されました~」の続編に当たる「侵蚀‐闇オークションで堕とされた先は、中華系マフィアの元いじめっ子でした-」。

作者様は前作を読まなくても内容がわかるとのことで、まずは続編を購入しその後前作を読みましたが…。

確かに前作を読まなくても内容は問題なかったのですが、もし購入を迷っているのであればまずは前作から読むことをオススメします!

前作を読んでから続編の「侵蚀‐闇オークションで堕とされた先は、中華系マフィアの元いじめっ子でした-」を読んだ方がかなり楽しめますしより2人の狂愛を感じられます。

 

「侵蚀‐闇オークションで堕とされた先は、中華系マフィアの元いじめっ子でした-」の大まかなストーリーとしては…

主人公のかほが自分を置いていなくなってしまったワンくんを追って人身売買のオークションに参加し、ワンくんに競り落とされる…というところから話が始まります。

 

オークションで競り落とされたかほは再会したワンくんに性玩具扱いされるので、エッチシーンは全体的にかなり激しめ。

激しめがあまり好きではない人は注意ですが、全体的にかなり生々しい感じがしてすごくリアルでドMの人にはかなり刺さるかと。

もちろんめちゃくちゃエロいです、色んなことかほちゃんはされちゃってます。

 

もうこの関係は2人にしか分かり合えない…そんな愛が根底にあるんだと思うとめちゃくちゃグッときました。

あんなに酷いことされても実際にはかわいがられていたり、片方ずつお揃いのピアスしていたり…。

そんな些細な部分まで描かれている作者様はさすがとしか言いようがないです。キュンとしました。

 

そもそもですがワンくんに会いたい一心でオークションに出るって相当覚悟決まってますよね。

競り落とされないことだってあるのに、ワンくんを信じて出るなんてかほの愛がすごいです…。

よくあるような狂愛とは一線を画すこの「侵蚀‐闇オークションで堕とされた先は、中華系マフィアの元いじめっ子でした-」。

色んな作品を読んで読み飽きたという方には是非とも読んで頂きたい作品です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です